アイフルの審査・在籍確認・金利ナビ

アイフルの審査ナビ

当サイトでは、アイフルの審査、在籍確認、金利などについて解説しています。
このページでは、審査について詳しく解説しているので、在籍確認や、金利について詳しく知りたい人は他の記事をチェックしてみてください。
アイフルの金利についてはこちら
アイフルの在籍確認についてはこちら
アイフルの増額についてはこちら

考える男性

アイフルの審査は甘いって本当?

 

アイフルを利用するにあたり、審査について一番気になりますよね。
そもそも、審査に通らないとお金を借りることができません。

 

そこで、アイフルの審査は甘いって本当なのでしょうか。
審査が甘いってことは審査に通りやすいのではと思う人もいるかもしれませんね。

 

ただ、筆者の私が分析したところ、アイフルの審査は厳しいと思われます。

 

では、なぜアイフルの審査が厳しいのでしょうか。
アイフルの審査が厳しいと思う点を以下にまとめました。

 

・アイフルは銀行グループでない独立系消費者金融だからこそ、審査が甘いと思う人がいる
・カードローンの申込者の半分以上が審査落ちになっている

 

まず、最初の「アイフルは銀行グループでない独立系消費者金融」について見てみましょう。

 

インターネット上では「銀行のカードローンは審査が厳しいが低金利・消費者金融のカードローンは、金利は高いが審査は緩い」という情報をよく見かけますよね。

 

少し前までは、銀行のカードローンは審査が厳しく、銀行で借りられなかった人が消費者金融に流れてくるという傾向がありました。

 

しかし、近年では銀行の方が専業主婦でも借りることができる・年収による限度額の縛りがないなど貸し出しを制限する法律がありません。
そのため、銀行でもお金をどんどん貸し出すようになっています。(自主規制を行っている銀行の場合は、年収による限度額があります。)

 

ただ、お金を貸し出すようになっているけれど、銀行のカードローンの審査が厳しいことに変わりはないでしょう。

 

実際、消費者金融の審査傾向は『銀行よりは甘い傾向があるという点は否めないが、決して誰でも審査に通る程甘いものではないというのが現状です。

 

また、大手消費者金融のアイフル・アコム・SMBCモビット・プロミス・レイクALSAの中では、アイフルを除いた4社は銀行の傘下に入って経営を行っています。
そのため、銀行傘下にある消費者金融では、低金利で提供している銀行カードローンと同じで、審査基準のハードルが高いというイメージがつきやすいです。

 

そして、唯一銀行の傘下にないアイフルなら審査に受かりやすいのではと思う人が多いかと思います。
ただ、銀行の傘下にあるかないかで審査の厳しさは変わらないでしょう。

 

または、消費者金融だからといって、誰でも審査に通るということでもありません。
どこの金融機関でもきちんとそれぞれの審査基準に基づいて審査を行い、お金を貸していい人なのかどうか判断しています。

 

次に、2つ目の理由の「カードローンの申込者が半分以上審査落ち」についてです。

 

アイフルでは、月次データとして定期的に様々なデータを公表しています。
公表している項目の一つに「無担保新規成約率」というものがあります。

 

これは、アイフルの提供している無担保ローン、つまり個人向けのカードローンの審査通過率を表しています。
カードローンに申し込んだ人が、どのくらいカードローンの審査に通ったのかという割合になりますね。

 

2019年10月時点で公表されている、最新データを5ヶ月分まとめてみました。

 

月度 4月 5月 6月 7月 8月
成約率 42.7% 44.0% 43.1% 41.5% 42.7%

 

 

表を見てわかるように、成約率は40%台になっています。
つまり、申し込みをしても半分以上の人は審査落ちとなっているということになるのです。
消費者金融だからといって審査は甘くはないことが読み取れますね。
他社の消費者金融(アコムやプロミス)の成約率も40%台のものが多いですが、レイクALSAの成約率は30%台と審査が更に厳しく行われているようです。

 

もくじに戻る

アイフルの審査内容は?

 

アイフルの審査は厳しいと分かったところで、審査基準についても知りたくなるかと思います。
審査基準が分かれば、どうやったら審査に通るのか少しは対策できますよね。

 

しかし、肝心の審査基準については、アイフルをはじめどこの消費者金融も公表していません。

 

「年収がこれだけあればOK」「勤続年数が〇年未満の人はNG」といったような具体的な基準については現状全くわからないのです。
そのため、実際に申し込みをした人の体験談や他社の消費者金融の動向、インターネット上の口コミなどを見ながら推測していくことになります。

 

ただ、アイフルに限らずどこの消費者金融も同じになると思いますが、

 

 

・収入
・他社借入額
・金融事故の情報

 

上記の3つが審査において重要視されているでしょう。

 

収入が安定していて、「他社借入額」が0もしくは少ない人なのか。
さらに、長期滞納をしていないか、もしくは自己破産など「金融情報の事故」があるかといったものを確認します。

 

ただ、年収が高くても、収入が不安定な場合は、審査の通過が難しいかもしれません。

 

もちろん、この3点以外の情報も審査に影響があります。。

 

また、審査を行う前にまず申込条件を満たしていないと審査が行われません。

 

アイフルの場合は、以下の条件を申込条件として提示しています。

 

・満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方
・当社基準を満たす方

 

まずはこの条件をクリアして初めてスタートラインに立つことができます。
上記の文章でポイントとなるのは“定期的な収入”“返済能力”でしょう。

定期的な収入:毎月1回以上の収入が2ヶ月以上連続してあること
返済能力:社会的に信用でき、きちんと返済をすることができるか

基準を満たした年齢で定期的な収入があり、借りたお金を返していくしっかりとした意思があれば申し込みができます。
雇用形態についての制限はありませんので、パートやアルバイトでもアイフルを申し込むことは可能。
ただ、パートやアルバイトでも定期的な収入があることが必須条件になります。

 

無事に申し込みをした後は、いよいよ審査がスタートします。
アイフルの審査は2段階に分かれており、『属性審査』『信用情報』をそれぞれ審査して総合的に契約できるかできないかを判断できます。

 

属性審査

まずは「属性審査」について見ていきましょう。

 

属性審査では、申し込み者の個人情報や勤続情報などの属性を数値化して申し込み者をふるいにかけているものと推測されます。
アイフルが選考基準とする属性情報は、申し込み時に入力した内容です。

 

《申し込み時に入力が必要な情報》

 

自分に関する項目

・氏名

・生年月日

・性別

・結婚有無

・国籍

・扶養家族

・住所

・住居名義人

・家賃負担額

・居住年数

・同居内容

・電話番号

 

 

 

勤務先に関する項目

・勤務先名
・勤務先電話番号
・雇用形態
・保険証種別
・会社規模
・給料日
・入社年月
・税込年収
・その他の雇用の有無

 

融資に関する項目

・申し込み時点での他社借入件数
・申し込み時点での借り入れ残高
・希望限度額
・利用目的(生活費・レジャー・冠婚葬祭・物品購入・旅行・引越・教育・事業・医療・車両 選択して回答)

 

上記の内容は、すべて申し込み時に入力が必須となっている項目です。
これらの属性情報をAI(人工知能)や審査担当者がスコアリングして、属性審査を行うのでしょう。

 

属性審査はアイフルだけが行うものではなく、金融関係の契約を結ぶほとんどすべてのシチュエーションにおいて行われています。

 

では、属性審査において高い評価を得る人というのはどのような人なのかを考えてみました。

 

項目 高い評価を得る属性 理由・考察
年齢 30代〜50代 若い&高齢は、収入に安定がないと判断される場合がある
雇用形態 正規雇用(正社員) パート、アルバイト、派遣などの非正規雇用は安定性に欠ける
業種

公務員・正社員
離職率の低い職業

自営業やフリーランスなどの個人事業主は収入や仕事の安定性に欠ける
家族 独身 家族が多いほど、返済に充てるお金が少なくなると考えられる為
住所 持ち家・分譲マンション 生活が安定しているという判断材料になる

勤続年数
居住年数

5年以上 生活が安定しているという判断材料になる

 

 

このように、とにかく収入や生活・仕事といった面での安定性が重視されると考えられます。
年収が高ければ審査を通過できるという訳ではなく、安定した生活を送っており、月々の返済を滞りなく続けていけるかを重視しているのです。
ただ、上記の表はあくまで目安となるので、参考程度にしてみてくださいね。

 

信用情報

次に「信用情報」についてです。
信用情報とは、他社カードローンやクレジットカード・携帯電話の分割払いなどのお金に関する利用状況や契約内容などの情報です。

 

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)などの信用情報機関という機関には、個人の信用に関する様々な情報が保管されています。
アイフルのカードローンなど新たな金融契約を結ぶ際などに照会して、調査することができるのです。

 

確認できる情報件数は、クレジットカード情報・申込情報・利用情報それぞれ50件までになります。
照会できる情報の一部を見てみましょう。

 

《信用情報機関にて照会することのできる情報(一部)》

個人に関する情報

・氏名
・住所
・生年月日
・電話番号
・性別

契約について

・クレジットカードやローンなど、過去の申し込み履歴
・現在結んでいる契約すべて(カード保有枚数や限度額なども)
・契約日

返済について

・返済額
・入金日
・過去の延滞情報

その他 金融事故情報の有無(延滞、債務整理、自己破産、強制解約など)

 

アイフルが審査で重視しているのは?

 

これまで解説したことをまとめると、アイフルが見極めるのはこの3点になるかと思います。

@属性情報に嘘はないか
A他社借入はどのくらいあるか
B契約後、きちんと返済できるか

もちろん、アイフルだけに限りませんので、消費者金融を利用する際の参考程度にしてみてください。

 

@属性情報に嘘はないか

 

申し込み時に入力した個人情報に虚偽の記載がないかどうかを判断していきます。
他社からの借入有無や借り入れ金額など偽っていても、この時点でバレてしまいます。
もちろん、虚偽の記載をしていたと分かれば、審査を通過することはできません。
誰だって嘘をつく人にお金を貸したくはないですよね。

 

A他社借入はどのくらいあるのか

 

アイフルは、賃金業法に定められている「総量規制」という法律により、年収の3分の1以上の金額を貸し出すことができません
そのため、他社の借入金額がどのくらいあるのか、または借入金額が合わせて年収の3分の1以上あるのか審査で確認をします。
また、全ての消費者金融は「総量規制の対象」になるので、年収の3分の1以上の借入額がある場合は、アイフルに限らず他社の消費者金融でもお金を借りることができないのです。

 

B契約後、きちんと返済できるか

 

過去の申し込み履歴や、現在他社と結んでいる契約内容だけでなくその返済情報まで信用情報機関から照会できます。
そのため、お金にだらしない人なのか、毎月返済日にきっちりと返済を行う人なのか分かってしまうのです。

 

また、過去の金融事故についての情報も信用情報機関でしっかりと保存されています。
アイフルとしても、お金にだらしなくて毎月入金遅れになるような人を信用してお金を貸したいとは思いませんよね。
ましてや、過去に金融事故を起こしていたら、審査通過は非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

このように、属性情報・信用情報を見ながら総合的に、その人の返済能力や社会的な信用性をみて審査は進められていきます。

 

アイフルのホームページには『インターネット、お電話、ご来店とも、すべて同様の審査を行なっております』という記載がありますので、自分の一番やりやすい方法で申し込みをするようにしましょう。

 

もくじに戻る

アイフルの審査落ちの原因は?

 

アイフルの審査でどんな人が審査落ちになるのか知りたいですよね。

 

アイフルの審査に落ちやすい人には傾向があります。
自分がその傾向に当てはまっていないかをチェックしてみましょう。
審査に落ちやすい人の傾向として、

@書類や申込内容に不備や虚偽がある
A収入が不安定だと判断
B勤務先の情報が不明確
C年収に見合ってない借入額を希望している
D現在の借入件数、残高が多い
E金融事故情報がある
Fカードローンやクレジットカードに直近で複数の申し込みをしている

が挙げられます。 

 

では、それぞれ解説していきます。

 

@書類や申し込み内容に不備や虚偽がある

属性や信用情報で照会を行い、その時点で虚偽の申告があると判断されると審査通過はできないと思っておきましょう。

 

借入金額などを1~2万円間違えて入力してしまった場合や、入力時点と照会時点で誤差が生まれた程度であれば問題ありません。

 

ただ、50万円近く借りているのに「借入件数0件」と入力する・偽装した書類を提出するなど、明らかな偽りが確認できた場合は「この人は信用できない」とアイフルに判断されてしまうでしょう。

 

A収入が不安定だと判断

貸し手側が最も重要視するのが「収入の安定性」でしょう。
職業の安定性は収入の安定性に直結してきますので、勤務先名や雇用形態は重要な審査基準となることが予想されます。

 

公務員や一部上場企業の会社員は、収入が安定していると判断されます。
一方で、自営業や個人事業主などは状況によって、収入に差が生まれやすい職業であることから安定性に欠けると判断されてしまうでしょう。

 

B勤続の証明が不明確

所得証明書類が提出できない・職場への在籍確認が取れないという場合、審査の通過はできません。
いくら申し込みフォームに良い勤務先を記入したとしても、本当にそこで勤務しているという証明ができなければ信用してもらうことはできませんよね。

 

C年収に見合っていない借入額を希望している

上記の「A他社の借入はどのくらいあるのか」でも軽く触れましたが、貸金業法では、総量規制といって“個人年収の3分の1を超える金額を融資しては行けない”ということを定めた法律があります。

 

これは1社につきということではなく、すべての借入を合算して年収の3分の1の金額までという意味です。
例えば年収が300万円の人は100万円以上の借入をすることはできません。

 

それを知らずに、年収の3分の1を超える金額を希望する人も多くいます。
また、“年収の3分の1の金額”というのは、最大限借りた場合のボーダーラインです。

 

初めて借りるのに、このボーダーラインギリギリの最高額を借りようとするのは「年収に見合っていない」と判断されてしまうでしょう。
また、初めて契約する人は返済実績がないので、高額を貸したときにきちんと返済をしてくれるのかという判断材料が少ないです。
そのため、初めから高額で借りるのは難しいでしょう。

 

年収の3分の1の金額よりも少なめの金額を希望し、その後増額を目指して行こうというくらいの考えで、まずは審査通過を目指すのが賢明です。

 

D現在の借り入れ件数、残高が多い

多重債務者、つまり他社からの借り入れ件数が多い人はアイフルの審査通過は難しいでしょう。
複数の金融機関からお金を借りているという状況から、返済能力が低い人であると判断されてしまうからです。

 

何社まで借入していてもOKなのかはわかりませんが、一般的には3社〜4社から借り入れをしていると多重債務者と認識されてしまいます。

 

E金融事故情報がある

金融事故情報とは、いわゆる「信用情報に傷がついている」という状態です。
金融事故は、最長で5〜10年ほど情報が保管されますので、すでに完済済みであっても情報だけは残り続けます。
事故情報があるというだけで、返済能力がないお金にルーズな人だという厳しい判断をされてしまい審査通過は厳しいものとなるでしょう。

 

Fカードローンやクレジットカードに直近で複数の申し込みをしている

信用情報(クレジットカードやローン等の契約内容や利用状況)には、契約までに至っていなくとも申し込みをした履歴も残ります。

 

クレジットカード・カードローンなどを短期間に複数申し込みしている履歴があると、審査に悪影響を与えます。
このような人を「申込みブラック」と呼び、よほど生活に困窮した人だと判断されてしまうでしょう。

 

いずれかに当てはまっている人は、アイフルの審査を簡単には通過できないと思っておきましょう。

 

申し込み前に、書類や入力内容に間違いがないかをしっかりと確認して年収に見合った借り入れ希望を出すようにしてください。
収入が不安定・金融事故や借り入れ残高が多いといった場合には、一旦申し込みを諦めて状況を改善してから再度チャレンジすることを推奨します。

 

もくじに戻る

審査に通っても限度額が低くなってしまう原因

無事に審査を通過した場合でも、限度額が思っていたよりもずっと少なかったという意見は多く聞かれます。
もちろん、申し込み後すぐに数百万円という高額な限度額が与えられることはまずないでしょう。

 

まずは、数十万の限度額が与えられて、そこから利用実績を重ねてアイフルとの信頼関係を築いていくことで、徐々に限度額が上がっていくのが一般的です。

 

しかし、あまり高額でなく身の丈にもあった借入を希望したにも関わらず、限度額が10万円しかもらえなかったという方は多くいます。
この時点で、コールセンターなどに問い合わせをしても限度額を上げてもらうことは難しいでしょう。

 

こちらは、審査落ちにこそならなかったものの、アイフル側が「希望の額を限度額に設定したくない」と感じる何か原因があったのではないかと考えられます。

審査に通っても限度額が低くなってしまう人
・就労前
・収入が給料や自営業の事業の収入でない
・3社以上の借入があり、合計額が150万円をこえている
・一部の仕事についている人(水商売、飲食店、パチンコ店、新聞配達)
・収入が不安定な仕事についている
・1週間以内に3社以上での借入
・過去2年間で分割払いの支払いが遅れている
・家賃や住宅ローンの支払額が年収の3割以上(総量規制に関係なく、支払比率か返済比率に関係する)(平均でおおよそなので厳密に何割の人が、というのはない)(担当した人が決める)
・外国人

 

いずれかに当てはまる人は、言い方を変えれば“ギリギリのラインで審査を通過した人”ということになり、アイフルとしても高額な限度額を与えることに躊躇したものと考えられます。

 

ここから限度額を自分の希望の金額まで上げていくためには、アイフルとの信頼関係を築いていくことが重要なポイントです。
まずは与えられた限度額の範囲内で「借りる」「返済日に遅れることの内容にしっかりと返済をする」というこの2点を繰り返し行いましょう。
その間、上記で自分が当てはまってしまっていた項目についての状況改善ができるものがあれば改善していきます。
申し込みから、最低でも半年ほど経過してから、アイフルに増額の申請をしてみましょう。

 

増額の申請方法は、インターネットの会員メニューもしくは電話にて行うことができます。

 

増額専用ダイヤル
0120-008-113(受付時間:平日9:00〜18:00)

 

もくじに戻る

アイフルの審査に通るには?

まずは、アイフルの公式ページにある『1秒診断』を試してみましょう。
年齢・雇用形態・年収・他社借入金額という4つの項目を入力するだけの簡易的な診断ではありますが、気軽にできるため人気のサービスです。

 

1秒診断でOKが出ていてもまだ審査に対して不安が残るという人は、以下3つのポイントをおさえることで、審査通過の可能性をアップさせてみてはいかがでしょうか?

 

@提出書類を充実させる

通常の流れとしては、『申し込み→審査→契約前に必要書類提出』となります。場合によっては、契約前に必要書類の提出を求められることがありますが、基本的には契約前です。
これを、『申し込み後すぐに自ら提出』とすることで信用度を上げることができるといわれています。

 

提出する書類も、本人確認書類だけでなく収入証明書など用意できる書類を充実させることで、アイフル側にしっかりと働いており、虚偽の申請などをしていないことを証明する効果があるでしょう。

 

A限度額はなるべく低めにする

先ほど、年収の3分の1まで借りることができると書きましたが、それは法律上借りることのできる金額の最大値という意味です。
いきなり金額の最大値を借りることができる人はまず存在しません。

 

初めての申し込みで高額な希望を出す人よりは、低い希望を出している人の方が好感が持てますし安心して貸すことができますよね。
アイフルとしても高額のお金を貸すとなると、高い返済能力を持った人を選ぶのは当然でしょう。

 

高い希望を出して自ら審査のハードルを上げるのではなく、最初はなるべく少ない金額で希望を出して、審査通過を狙っていきましょう。
希望額が大きい場合は、増額をして限度額を上げることができるので、希望額が借りられないからといってめげる必要もありません。

 

B在籍確認がスムーズにとれるようにしておく

在籍確認が取れない人が、審査を通過することはできません。

 

職場に自分宛ての電話がかかってくることがあまりないという人は、あらかじめ在籍確認への対策を取っておくと良いでしょう。
職場の事務の人に、在籍確認の電話がかかってくる旨を伝えておくなど、スムーズに確認が取れるようにしておくことがおすすめです。

 

在籍確認に対して心配なことがある人は、アイフルのコールセンターに相談するのも一つの手です。

 

 

同じ属性情報・信用情報であっても、上記3点を気にかけている人とそうでない人とでは、審査結果が変わってくることも十分に考えられます。
審査落ちになりたくないという人は、この3つのポイントをおさえて審査を有利に進めていきましょう。

 

もくじに戻る

 

そのほかの借入参考サイト

他のカードローンの審査や、在籍確認について知りたい人のために、いくつかサイトをピックアップしています。

 

よかったら、参考にしてみてください。

 

アイフルの在籍確認が知りたい→アイフル在籍確認
バンクイックの在籍確認が知りたい→バンクイック在籍確認
SMBCモビットの在籍確認が知りたい→SMBCモビット在籍確認

更新履歴